安心して生活するために必要な鍵交換

不動産投資物件でも大切な鍵の扱い

退去時におこなわなければいけないことはたくさん出てきます。
その中でも大切なことは鍵の交換です。
不動産投資物件を手にする場合にも、新築であっても中古住宅であっても、鍵は必要になるでしょう。
前の住人が鍵を持っていた場合には、この鍵が複製されている恐れも出てきます。
これでは安心して使うことができないため、交換しなければいけません。

交換するのはだれが適正なのか

不動産投資でも、大事なポイントになるのが、だれが交換するのかという点です。
仮に住人側で交換したとします。
これでは、合鍵が作られる可能性がありますし、鍵が3本あったのにもかかわらず、2本しかもらえないケースでは、1本の行方が問題になるでしょう。
大家側で交換した場合には、こうした心配がいりません。
自分で交換の手配をしたのであれば、合鍵の心配もいらなくなり、セキュリティの問題もクリアすることができます。

費用の取り決めは、基本として退去する住人や販売する側にあります。
しかし、これを取り決めしておかなければ、だれが負担するのかもめることになるでしょう。
こうした問題が表面化することが多くなり、国土交通省がガイドラインを定めました。
原状回復を巡るトラブルとガイドラインで、ここには入居者の入れ替わりによる物件管理上の問題とされています。
賃貸人の負担とするようにとされていることから交換を依頼するというのが道筋になりました。
はっきりとしたガイドラインの設定により、交渉の仕方が明確に変わってきたといえます。
それでも、納得してもらえずもめるケースもあることから、入居者と明確な取り決めをしておくことが失敗を防ぐポイントです。

いろいろとある鍵の種類

不動産投資の物件でも注意しなければいけないのは、鍵の種類です。
鍵の交換をする場合でも、種類によっては費用も掛かります。
安心して使うためにも、女性向け物件としてのセキュリティを高めるためにも種類を把握しなければいけません。

通常の鍵と呼ばれているのは、刻みの入ったものです。
シリンダー構造が基本ですが、防犯性は向上してきているものの、やはり強固なものではありません。
合鍵は簡単にできることがメリットですが、マスターキーからおこなわなければ、どんどんと精度が落ちていきます。

シリンダー構造でも、防犯性を高めているのがディンプルキーです。
刻みを入れたものに比べると、防犯性はかなり高まりました。
合鍵が作りにくくなりますが、その分だけ安心感が高い鍵です。

女性用物件をあつかって不動産投資を考えているのであれば、カードキーも検討するべきです。
セキュリティ性を高められることで知られている鍵ですが、交換には結構な費用が掛かるもののそれ以上にこれまでの鍵とは違います。
合鍵も作りにくいことが女性にも安心感を与えるため、鍵交換をするのであれば検討するべきもののひとつです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。