宅建

不動産投資に宅建は必要か

不動産取引には欠かせない宅地建物取引士

不動産投資において話題に上がる資格が宅建です。
本来は、宅地建物取引士という資格で、宅地建物取引業者としては必須になってきます。
不動産会社のことですが、売買する場合には、有資格者でなければできない仕事が出てくるのがポイントです。
不動産投資でも、取引の経験がない人でも収益物件を取得してはじめていきます。
専門の知識も持たない状況の中では、売る側に有利になってしまう場合も出てくるはずです。
これでは公平な取引ができなくなるため、安心して契約を結ぶために働くのが宅地建物取引士になります。

高額な取引になるため、国家資格者として購入者の利益を保護していきますが、活躍するのは重要事項説明書の交付と説明です。
土地や建物は、見た目だけでは内容がわからないことも出てきます。
注意深く見たとしても、大きなものになれば判断が難しい場合も出てくるでしょう。
見えない部分として、権利関係の問題もあります。
こうした重要なことを説明しなければいけないのが宅地建物取引士の役割です。
説明する場合には、有資格者であることを示す義務がありますし、重要事項説明書への記名や押印といったこともほかの人ではできないようにしています。

宅建の難易度はどれぐらい?

宅建の試験の難しさを表しているのは、試験が1年に1度しかない部分です。
試験の回数が多ければ、何度もトライできます。
ところが、1年に1度ではチャンスはかなり限られている状況です。

現在の宅建では、受験資格は廃止されました。
以前はありましたが、だれでも受験できるようになりかなり変化してきたことがわかります。

不動産投資として考えれば、どれぐらいの難易度のもので、どれぐらい勉強をして知識を身につけたのかは気になる部分です。
このポイントになるのが、宅建業法の比重にあります。
全50問出題されますが、そのうち20問が宅建業法です。
定義や法律などもあり、ここを中心に勉強していきます。
次が不動産投資としても重要で、権利関係の問題が多く出題されているからです。
民法や借地借家法を中心とした科目で、これが大きな意味を持ちます。
問題として難しいとされていますが、不動産投資で収益物件を購入する際にも説明を受けなければいけません。
つまり、難易度が高いのは、歓迎するべき状況といえます。

法令上の制限と税金その他も大事な科目です。
特に法令上の制限は、宅建取得後の仕事の中心となる重要事項の説明にもかかわるため、できなければいけません。

不動産投資として、宅建を取得するための名インドにも目を向ける必要が出てきます。
合格率は、15%程度を維持している状況です。
国家資格の中ではそこまで難しい部類ではないのは、同様に受験資格がなく、法律的な部分の理解が必要な行政書士などで5%程度しかないところでわかります。
不動産鑑定士でも7%~12%になるため、そこまで難しいものではありません。
しかし、初学で合格できるほどあまくはない内容で、相当勉強しても合格できない人が出てきます。
不合格の人すべてが初学ではありませんし、絶対に合格するという意思のもとで勉強を続けてきたわけではないとしても85%は受かっていないところは注目が必要です。

不動産投資に宅建は必要なのか

宅建業法など、仕事に必要な知識がつまっている宅建ですが、満点をとって当たり前の学科もあります。
なぜならば、仕事の基本がつまっており、理解できていないのはそもそも問題を抱えるからです。

見方を変えて不動産投資をするなら、宅建は必要なのかも考えなければいけません。
結論から言えば、必要ないといえます。
取引をするための知識がつまっており、不動産会社に勤務するなら必要です。
もっていたほうが知識は得られますが、投資とはまた別の知識を身につけなければいけません。
ただし、キャピタルゲイン狙いで考えているのであれば、取引回数は必然的に増えていきます。
宅建の知識を持っているだけでも、大きな違いになるのは間違いありません。

勉強するのにマイナスがないのは確かです。
不動産投資には不必要な資格ではありますが、理解を深めるために勉強をしておけば、取引時に宅建の有資格者がどのような行動に出るのかがわかります。
そこから不動産会社の質を判断もできるため、合格は目指さなくても、知識は無につけたほうが良いでしょう。
不動産投資として、必要なものとなるからです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。