宅建資格は不動産投資に役立つのか

2019年は読書!!

結論。
宅地建物取引業については、あくまで一般教養として勉強します。

スピリチュアルカウンセリングで「宅建資格を取りなさい」と言われた手前、まったく無視できないもんで…(バチ当たったら嫌)

はい、スピリチュアルカウンセリング後半戦です。
前回の記事。
「決して科学的ではないスピリチュアルカウンセリングによって現在の不動産投資を見直してみる」がテーマです。

まず、「宅建業を取ると不動産投資に役立つの??」という疑問。

真っ先に浮かんだのが「宅建業者が物件の売主になった場合、瑕疵担保責任を最低2年負わなければならないんじゃ??」ということ。
デメリット??
そうでしょ、負わなくていい責任は負いたくない。

ベテラン大家さんに聞いてみた。
「会社員なら資格手当がもらえるメリットがあるが、働き蜂になるよ。投資家と考えるとね~」
「それならクロスやフロアタイルの貼り方、天井は一人で貼れないから、塗装の仕方を身につけたほうが金になる!!」
「あと大工工事、電気、給排水設備。フローリングできれば十分」
「戸建て投資ならDIYを極める」

別のベテラン大家さんにも聞いてみた。
「資格はどちらかと言えばあってもいい程度」
開業は不要。200万以上の資金が必要だし、協会の会費などのコストがかかる」
「仲の良い不動産業者(有資格者)を見つけることにエネルギーを注ぐべし!!」
「稼げる物件探しに時間と根性と情熱を注ぐべし!!」

そして、全宅連がウェブサイトで公表している子ども向けテキストが分かりやすかった。
記述を引用します。
「宅建業者は、家をたくさん持っているの?」
「A.すべての家や土地を持っているのではなく、持ち主に代わって、買いたい人・借りたい人に紹介しているんだよ」

私は家がたくさんほしい。そして「物件探し」に全精力を注ぎ、「契約業務」はプロに任せます。
資格取得や開業は視野に入れず「うかる! マンガ宅建士入門」を読むにことにした。

私が学んでいる不動産投資のキーワードは「地方・戸建て・賃貸」「キャピタルゲインよりインカムゲイン」である。

地方の戸建てを指し値でなるべく安く購入し、リフォームし、地域最安レベルの家賃で客付けする。
基本的に売却はせず、貸家として所有し続ける。

【メリット】
初期投資額が低く抑えられ、リスクが小さい自己資金でも可能。
実質利回り20%も可能。
戸建ては入居期間が長い傾向がある。
自主管理などでランニングコストが抑えられる。

【デメリット】
スケールメリットがない。
インカムゲインを増やすスピードが遅い
地方の人口減少で客付けが難しくなる可能性。
入居者の属性が低くなる可能性。
資産価値が落ちる可能性。
築古で修繕費がかさむ可能性。

勉強不足の私が思いつくのはこんなところだ。

しかし、スピリチュアルカウンセリングの鑑定は真逆だった。
現在所有の中古戸建ては売却しなさい。
中古を買うなら戸建てより区分にしなさい。
土地を買い、新築を建てなさい。
投資エリアは一つに絞りなさい。
将来的にアパート3棟を持つだろう…。

そこで私はこう考えた。
いろんな投資手法を実践している投資家の本を読んで、違う視点を学ぼう!!
加藤隆さんの著書「実例から学ぶ 不動産投資でお金を残す123のコツ」(2012年刊行、ちと古い??)を読むことにした。

戸建て3軒で大小のトラブル多発の現状について。

「勢いでうまくいったのは32歳ごろまで」
「行動に移す前に、ひと呼吸を置きなさい」
スピリチュアルカウンセリングでこう説教されたが、その通り!!

私事だが、32歳までの3年で結婚、娘2人出産を完結。
まさに勢い。これは「うまくいった」でOK??
問題は、35歳から現在まで、勢いで3軒買い増した戸建てか!?

しかし、私は主張したい。
スピリチュアルで見えたのは、あくまで過去のことではないか。
私の未来は、私自身がこれから築き上げていくのだ。

今年は不動産投資関連本などを多数読む「吸収の1年」にしたい。
スポンジ・ボブのように。
(涙を全身に溜め、全身から放出するのだ。涙は知識だ!!)

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。