大家に求められる台風対策

大事な台風対策

不動産投資の場合、大家としてやっておかなければいけない責任がいろいろと出てきます。
その中で、台風によって被害が発生しそうな場合、さまざまな台風対策が必要です。
もしも、なにもしてなかった場合、過失を指摘されて損害賠償を求められるかもしれません。
その危険性を考えれば、事前に的確な対応が必要になるでしょう。

問題が起きる前に直しておく

基本的な考え方として、破損していたり損傷が見られたりするのであれば、修繕しておかなければいけません。
台風被害によって、さらにダメージが広がった場合、不動産投資用の物件の被害だけで済まないかもしれないからです。
たとえば、住人の人に大きな被害が生まれた場合、修繕しておけば回避できたとするのであれば、過失となる可能性は出てきます。
問題があると分けっていれば、安全な状態に保たなければいけない義務があるのを忘れてはいけません。
不動産投資の物件として築年数が深い場合には、十分に注意が必要です。
台風対策としていき鳴り始めようと思っても、なんでもすぐにできるわけではないでしょう。
普段から対策を講じることが、大家としても不動産投資としても守ってくれます。

火災保険による対策も必要です。
火災保険には特約がつきますが、水災が対象になっているか確認しなければいけません。
掛けていれば安心というわけではありません。
掛け金が上がるため、水災が外されているケースもあります。
逆にセットになっていない商品もあり、別途特約を組まなければいけないといったものもあるため、確認が必要です。
一瞬にしてすべてを失う可能性も出てくるため、不動産投資として台風対策は重要なリスクヘッジとなるでしょう。

写真が重要になる

台風対策をいくらしても、被害に遭ってしまう可能性はゼロにできません。
実際に被害が出た場合、不動産投資としてそのままにしてしまうと空室率の増加につながります。
必ず修繕が必要になりますが、保険を使う場合には本当に被害が出ているのか証明しなければいけません。
この証明に必要なのが証拠です。

なにを証拠にするのかというところで重要になるのが、どこまで水が上がったかというところにあります。
実際に水が上がってきたときに、悠長に写真を撮る暇もありませんし、修理もできるだけ早くしなければいけません。
水が早く引くのを願っている状況ではありますが、床上浸水なのか床下浸水なのかで大きく違ってきます。

床上浸水した証拠は、壁紙に残りやすい特徴です。
メジャーなどでどの程度の被害があったのかわかりやすく写真を撮るのがポイントです。
これによって、はっきりとした証拠になります。

ものが飛んできて窓ガラスが割れてしまったようなときには、その現場だけではなく、なにが飛んできて割れたのかも撮っておくといいでしょう。
原因がはっきりすれば手続きもスムーズにいくからです。
直す前に必ず工程を残すというのは、ほかの部分でも共通するため、しっかりと写真を撮るのが大切です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。