壁式構造とは

マンションに多い壁式構造

建物には、さまざまな構造があります。
不動産投資でもよく使われるマンションでも、壁式構造と呼ばれる方法がありますがかなり特徴的です。
こうした構造を知っておけば、リフォームの際にできること、出来ないことの判断もつきやすくなり、購入のきっかけにもつながるでしょう。

すっきりとした空間の設計ができる

壁式構造とは、壁式工法とも呼ばれますが、柱や梁ではなく壁によって構造を形成したものを指します。
柱で支えておらず、壁で支えているため、すっきりと広く使えるのが特徴です。
自由度が高い方法でもあり、ゆとりある空間が造れます。
その分、面積当たりのコストも減らせるため、不動産投資でも有効な方法となるでしょう。

なぜ、柱や梁がいらないのかが重要です。
本来、建物にはさまざまな力がかかるため、受け止めるために柱や梁を使います。
ねじれたりする力もかかりますが、ある意味で線で受けていると考えられるでしょう。
設計の図面を引く場合でも、柱や梁を線で引き表現するのを思い浮かべると簡単です。
この部分を失くし、壁で受け止めるのが壁式構造で、非常に効率的な方法ともいえます。

壁で受け止めていくため、柱や梁が出っ張ったりする必要がありません。
耐震性としても、柱や梁よりも面である壁で力を受け止めるため、高い性能を発揮します。
ブレースなどの筋交いもいりません。
そのため、マンションで多く使われてきましたが、基本は低層階の建築物で使われています。

壁式構造のデメリット

すっきりと広い空間を作れる壁式構造ですが、いくつかのデメリットもあります。
壁で構造体を持たせる特徴のため、窓などの開口部が強度を落とす原因になってしまうのは、不動産投資においても大きな痛手です。
小さな開口部を作って窓にはできますが、大きくすればするだけ強度が落ちます。
開口部には力がかかりやすく、ゆがみが出やすいのは理解しておかなければいけません。

柱と梁で作れば、間仕切りするときの壁は構造体ではないため、扉なども自由に設計できます。
壁式構造の場合には、耐力壁となるため、やはり開口部は簡単に作れません。

空間としてみた場合、柱もなく広く空間が取れますが、どこまでも広げられるわけではなく、代わりに耐力壁が必要です。
思っているよりも狭く感じるのは、この壁が邪魔している部分が影響してきます。
狭く苦しく感じてしまうもうひとつの理由として、窓があまりとれないことも出てくるため、不動産投資物件としては事前に確認が必要です。

柱がなくなったことで壁式構造では空間が広くはなりますが、部屋の中に柱を作らず外に出す工法もあります。
さまざまな工法があるため、一辺倒にならず、しっかりとした知識のもとで判断が必要と言えるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。