台風対策で窓ガラスを守る

大風で発生した甚大な被害

台風19号は、尋常ならざる被害を生み出していきました。
不動産投資の物件でも被害が発生する可能性が出てきます。
すでに住人がいる場合には、対処は任せるとしても、今決まっていない状況であれば、対応しなければいけません。
特に窓ガラスの台風対策は、さまざまな方法が考えられるようになりました。
どのような方法を取るべきなのか、不動産投資をするなら覚えておく必要があるでしょう。

窓ガラスを外側から守る

基本として窓ガラスは割れます。
割れてしまえば、怪我をする可能性が高くなりますし、だれの責任なのかという問題になる可能性も否定はできません。
本来であれば、シャッターを閉めるというのが一番です。
しかし、どの物件でもついているとは限りません。
もちろん、ついている物件を購入し、不動産投資にいかすか取り付けてしまうというのが一番でしょう。
現実的には、すぐにできるわけではないため、対策を講じる必要があります。

簡単にできるのは、外側からダンボールを張ってしまう方法です。
この方法であれば、飛散する異物から守れるため、かなりの予防につながります。
ダンボールを張る際には、窓ガラスとの間に空気が入り煽られないように密閉するのがポイントです。
ただし、この方法でも窓ガラスの強度が変わるわけではなく、ダンボールが一時的に守ってくれるだけなのを忘れてはいけません。
シャッター代わりに使えますが、内側から張っても効果はないので、雨が降り出す前に対策するのがポイントです。

内部から割れの被害を抑える

窓の内側からテープを張る方法は、今回よく知られるようになりました。
養生テープを張り付けておく方法ですが、飛散防止策なのであって、割れ防止ではありません。
内側から米印のように張り付けておくことで、窓ガラスが割れてしまっても、内部で飛散しないように予防ができます。
それでも、張っていないところは予防になりません。
心配の場合には、養生テープを張った内側からダンボールを張り付けたほうが良いでしょう。
これで仮に割れたとしても、内部で大きく広がるのを防げます。
外に出ないでもできるというのもメリットです。

もっと時間があるのなら、防犯フィルムや飛散防止フィルムを張ってしまう方法もあります。
飛散防止策として有効ですが、防犯フィルムの中には強度を高められる製品も出てきました。
価格はそれなりに上がりますが、不動産投資の物件として付加価値の向上もできます。
割れてしまえば多大なる損失を生み出すため、こうした対策が重要になるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。