取引条件に関する説明とは

不動産取引にかかわる説明

不動産を取引する場合には、宅建業者がさまざまな説明をしなければいけないと定められています。
不動産投資で取引をする場合でも、しっかり説明してもらわなければいけないのです。
前回は建物に関する直接的な内容を説明しましたが、取引に関する内容の説明ですので併せて読んでもらうと分かりやすくなるでしょう。

お金に関することが多い

取引に関する説明内容としては、 授受される金額ははっきりとしなければいけません。
取引をするのに一体いくらかかるのか、その目的も説明する必要があります。
ただし、代金・交換差金・ 賃貸は除くので注意が必要です。

大事なことですが、契約は全て順調に進むわけではありません。
何か問題があった時に解除することも出てきます。
損害賠償額の予定や違約金に関することも、内容として盛り込まなければいけません。
手付金が発生する場合には保全措置をどうするのか、説明しなければいけませんが、これは売買のみで発生する条件です。
支払金預り金の場合には保全措置をどうするのかも決める必要があるでしょう。
その内容も説明しなければいけないとしています。

支払いが分割になる場合には割賦販売となりこれに対する事項を説明しなければいけません。
現金販売価格や割賦販売価格、引き渡しまでに支払う金額の量、賦払金の額まで明記して説明する必要があるのです。
もしも知らないで取引をすれば、後で大きな問題になるでしょう。
正確に明記して説明する必要がある部分です。


マンションや賃貸はまた別に存在する

重要事項の説明は、不動産取引で行われるような区分所有建物に関しても別途説明事項が出てきます。
区分所有建物の場合、敷地に関する権利の種類や内容、共有部分に反する契約などははっきりさせなければいけないでしょう。
専有部分に関しては。その用途や利用の制限に関する契約を明記し説明します。
維持修繕も必要になってきますが、区分所有なので戸建てとは別途の条件が出てくるため説明が必要です。
計画的な積み立てなどが必要となるのでその規約を明記しなければいけません。
建物の管理が誰かに委託されてるような場合には、その者の氏名や住所なども説明責任が発生します。
一体誰が管理にしてるかわからなければ、後で困ることになるからです。

他にも賃貸の場合も説明の内容も存在します。
しかし、不動産投資ではあまり関係のないことになるでしょう。
用途利用の制限など知らなければ困ることははっきりさせるのが基本です。
後から知らなかったでは済まないことも多いので、どのような説明を受けるべきか認識しておく必要があります。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。