インカムゲイン

収益に大事なインカムゲイン

インカムゲインとは

不動産投資には、インカムゲインという言葉が欠かせません。
利益につながる大事なポイントで、これがあって初めて成立するといってもいいでしょう。
income gainなどと書かれる場合がありますが、実際には和製英語で本来であればinvestment incomeと書かなければいけません。
利益分配金などといわれますが、不動産投資の場合には家賃を表しています。
資産を保有し続ける限り、マイナスになる条件のない利益で、継続的に収入を期待できるのが特徴です。
不動産投資における家賃以外にも、預金に対する利息もインカムゲインに含まれます。
定期的に受け取りができて、マイナスになることもありません。
ただし、支払われない場合には、ゼロになる可能性を持っています。
このマイナスにならないところが、キャピタルゲインとの大きな違いです。

ミドルリスク・ミドルリターンの意味

不動産投資だけではなく、日本の株式市場はキャピタルゲインを中心に展開してきました。
投資として株を売買して利益を上げる方法です。
これが配当金を受け取るインカムゲインのほうがだんだん注目されてきたのは、金利が低下し、ゼロになって長引いたことが背景にあります。
株式が値下がりする一方で、配当利回りと比較すればさほど変わらないようになったからです。

不動産投資の場合には、家賃収入という定期収入になるのが大きなポイントです。
流動性の低い不動産売買に比べ、定期的に一定の金額を得られるため、返済にも支障をきたしにくくなります。
不動産投資用の物件を購入する場合にローンを組むのが一般的ですが、この返済にぴったりの内容を持つからです。
リターンとしてみれば、キャピタルゲインのような大きな期待はできません。
しかし、リスクは少なくなるため、不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれています。

老後にも使えるのはインカムゲインのおかげ

インカムゲインは、安定した収入を得られるため、着実な方法として注目されてきました。
不動産投資が老後のたくわえに向いているといわれるのは、不労所得という部分ではなく、安定しているインカムゲインを得られるからです。
この可能性の大きさは、注目されるべきポイントになるでしょう。
元本割れすることもなく、インカムゲインを利用してほかの物件を手に入れる方法も検討できます。
問題が出てきたときには、物件を売却するというのも不動産投資の強みになるため、インカムゲインはしっかりと捉えていかなければいけません。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。