仲介とは

仲介とは何か?

不動産投資においても、取引きの大事な意味になるのが仲介です。
不動産会社を通す場合にも、仲介という言葉が出てきます。
法律的な意味もありますし、宅建としても大事なポイントです。
勘違いされている部分も多々ある言葉なので、順を追ってみていきましょう。

代理とは違う存在

そもそも仲介とは何かといえば、間に入ることを呼びます。
一般的な商取引で言うと、売り手と買い手が存在しますが、間に入って円滑に契約できるようにする立場です。
つまり、売り手ではありません。
不動産投資でもこれが重要です。
ただし、商取引としてみた場合、仲介専門という場合と、そうではないケースがあります。

宅建上で考えた場合、媒介と呼ばれる場合があります。
この呼び方をするときには条件がありますが、売却契約という面では媒介という呼び名にします。
この場合にも、代理とは異なる点に注意が必要です。
代理とは、片方の依頼者に変わって契約を結ぶことを言い、媒介は仲介やあっせんになります。

媒介の契約の違いは?

不動産取引の場合、個人で物件を売買するのは大変です。
相手を見つけるだけでも一苦労となるため、不動産会社が仲介をします。
間に入って、取引が成り立つようにするのが仲介です。
この場合、契約という面で媒介という呼び方をしていきますが、3つの方法が出てきます。

基本として、1社のみに依頼する場合が専属選任媒介と選任媒介です。
複数契約できるのが、一般媒介契約になります。
分類として似ていますが、自分で買い手を見つけられるのは一般媒介です。
選任媒介契約では、契約の履行に対する費用を支払わなければいけません。
専属選任媒介になると、さらに違約金が発生してしまいます。

かなり大きな違いがありますが、実は報告の義務なども違いがあります。
1週間に1回以上の報告をするのが、専属選任媒介の決まりです。
これが、選任媒介になると2週間に1回以上に下がります。
一般媒介契約は、報告の義務がありません。
一般媒介契約には有効期限は義務付けがありませんが、ほかの2つは、3ヶ月以内とするなど有効期間があります。

不動産投資としては、必ず利用していくのが不動産会社の仲介になるでしょう。
細かな部分で違いがあることを知らないと、契約の時点で大きな違いが生まれてしまいます。
特に自分で探せるかどうか、その点は十分に考慮が必要です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。