不動産投資の収益物件のテコ入れに二重サッシ

快適な空間を作れる二重サッシ

適切な収益物件を得ることは何よりも重要な意味があります。
注目点はいろいろとありますが、二重サッシにしているかどうかも考えていかなければいけません。
不動産投資でも、二重サッシなことが売り文句につながりますし、省エネという面でも有効に働くためです。

二重サッシは防犯ガラスではない

二重サッシとは、窓ガラスが二枚になっているものを指します。
二枚のガラスを一枚に接着しているものは、積層ガラスと呼ばれるもので二重サッシとは異なる構造です。
間に空間があるため、断熱効果が高く、エネルギーの損失が少なくできます。
冬場に効果を発揮しそうに見えますが、夏場でも冷房の熱を逃がさず、外気からの影響を抑えられるの田特徴です。
空間を入れておくことで、外の音が入りにくく、内部からの音も外部に出にくくできます。
遮音とは異なるため、音を遮ることはできませんが、少なくても防音性を高められる設計です。

大事なことが防犯性です。
防犯ガラスと同様ではないため、直接割れにくくしたりするものではありません。
単純に言えば二枚の窓ガラスを持つ構造だけだからです。
ただし、まったく防犯性がないわけではなく、二枚あることによって、割りにくいと感じさせ時間がかかるようにすることで犯罪の抑制には役立ちます。
それでも割れないわけではなく、直接叩き割られてしまえば、窓ガラスとしての防犯性はありません。

不動産投資として、結露防止も見逃せません。
結露することで、室内にダメージを与えてしまうことも出てきます。
二重窓にすると外気との気温差による影響も抑えられることから、結露を防止し、カビに対する予防にも働くのが重要です。
収益物件にするのであれば、二重窓に帰られているのは、大きな価値があるといえるでしょう。

リフォームする場合のポイントとして

二重サッシにもいろいろなタイプがあり、不動産投資においてもリフォームして取り付ける例もあります。
ガラスの種類によっても違いがありますし、サッシそのものを二重に貼ってしまう方法も出てきました。
既存のサッシを使った方法もあり、費用を抑えることもできます。
不動産投資の物件としてみれば、すべての面をカバーできるわけではありませんが、リフォームをしてでもテコ入れを考える場合には、二重サッシは抑えておくべきでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。