不動産投資と生命保険 後編

こんにちは!!
「ご主人の数値、だいぶ心配ですよ」と保険の相談員にオドされた不動産投資家コージーです!!
笑いごとじゃないのに、笑っちゃいました。
「夫の血液は天下一品のスープ(こってり)みたいなのかな」とか想像しちゃって。
これは本人もウケていました。

別の機会に詳報しますが、占い師には「あなたは火でご主人は木。ご主人はあなたの燃料になって燃やされる運命」と言われました。
私が「燃え具合が悪いな。水太りか!?」と言ったら、これにはムッとしていましたね。

とにかく、いつ血管が詰まるか分からない夫。
不動産投資の団体信用保険が無効になった夫。
生命保険の契約を急がねば!!

前編の記事

その生命保険ですが、保険の相談窓口で検討したところ、
ひとまず「月10万の死亡保障・20年の定期・月4600円の掛け捨て保険料」という方向性を提案されたのですが…いまだ契約には至っていません。

なぜか。そうです、夫が”不健康”だからです!!

「米ドル建て終身」の生命保険も提案される

その前に。
夫の死亡保障の保険料について「月1万程度」と伝えたところ、月4600円(条件付き)の掛け捨て定期に加えて、米ドル建て終身保険も提案される。

いわく、
「総額1万程度なら、貯蓄型の終身と組み合わせてみてはどうですか」
「貯蓄しながら、加入直後から生涯にわたり、死亡保険金が受け取れる」
「円高の今おすすめ」
(しかし、今後はドル高円安の傾向らしいぞ!!)

例えば、メットライフ生命「ドルSmart S」(積立利率変動型終身保険)という商品
積み立て利率、年3%の最低保証(元本保証ではない)が特徴である。
米ドルが円よりも金利が高いかららしい。
為替リスクはあるが、資産分散というリスク管理の側面や米ドルのまま使う選択肢も。
(そんな将来のことは分からないぞ!!)
低解約返戻金プランなら、月額保険料を多少抑えられる。

ただ生命保険より、不動産投資の自己資金を貯めることが最優先な現状、やはり必要最低限の保険料で抑えるべきだと思う。

どんだけ自己資金が枯渇しているのかって??
資産運用目的の保険戸建て3号くんのほぼフルリフォームにより、すんごく枯渇してる!!
(寄せ集めても300万程度)

「脂質代謝異常」で加入可能な生命保険が限られる!?

保険の相談員には「ご主人は持病とか健診でひっかかる項目とかありますか??」と聞かれる。

えぇ我が夫はファミレスの「ビッグボーイ」のキャラクターみたいな風貌なんです。
もうこれ言ったら「あっあの人だ!!」って身バレするんじゃないかってぐらいに。
多分、生き別れの双子の兄弟かも。
頭身もボディーのフォルムも似ているんで、要するに肥満体型ですな。

……つまり、健康診断では毎回「脂質代謝異常」で再検査・精密検査の案内が来るのだ!!
実際に行ったのは1回。
「食生活に気を付けろってだけなんだよ」と。
「体質なんだよ」と。
自分の怠惰を人のせいにする悪癖もついにオノレの体質に至ったか!?

それを相談員に話すと「それでも加入できる商品を選定します」とのことだった。
後日、接骨院の院長に話したら「あ~しらばくれていたらよかったのに」と言われた。
いや、相談員のおばちゃんに愚痴っちゃったんだよねぇ~……。

ちなみに血中の中性脂肪の数値(基準30~149)が300の大台
動脈硬化を進行させる数値である。
相談員は「これは、けっこう危ないですよ」と警告される。

そして、「何とか提案した条件の保険では1社だけ加入できる会社がありました」。
そもそも何社候補があったか分からないが、不健康だと保険の選択肢もない。
確かに聞く話だが、まさか自分のライフプランにも影響するとは…

そして案の定、今回も「最新の健康診断書類」を紛失。
再発行に1000円を払い、しばし待たされるハメになった。

確定申告住宅ローン審査もことごとく書類がそろえられず、多大な迷惑(特に私に)をかけるアホボン夫である。

生命保険金は不動産投資の自己資金になるか

まず、死亡保険金も課税対象とのこと!!
契約者と被保険者が同じなら、相続税
契約者と受取人が同じなら、所得税
契約者・被保険者・受取人がいずれも異なるなら、贈与税
血も涙もねーな!?

そして、今回提案された毎月10万支給されるタイプなら、現状は変わらない。
まとまった金が入るわけでなし
むしろDIYするとしたら夫1人分の人手不足である。

やはり不動産投資は生命保険金に頼らず(当たり前だ)、健康体で会社員の属性を生かした融資や貯金した自己資金でやるべきですな!!

不動産投資の視点で生命保険を考えると、結局、儲かる物件で融資を引けば、生きている時もキャッシュフローを得て、万が一でも生命保険代わりになるということは間違いない。
なら生命保険は解約??
それなりの家賃収入が確保できれば、1万以下の保険料をケチる理由もないかな??

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。