不動産投資で要求されるホームインスペクションとは

必要になったホームインスペクション

不動産投資に関わる重要事項として、売買するときに住宅診断をうけて結果を説明しなければいけなくなりました。
2018年4月に義務化されたのがホームインスペクションです。
住宅診断士が物件の細かな部分まで調査することで、戸建てだけではありません。
中古マンションも診断しなければいけなくなりました。

第三者的な立場から住宅診断していくことになりますが、劣化の状況や欠陥、修繕ポイントなどを指摘していきます。
この診断士は、売り主と買い主のどちらにもメリットやデメリットを生じさせてはならず、中立な状況で発言しなければいけません。
リフォームが必要になったとしても、あっせんすることも禁じられています。
あくまでも第三者的な立場でなければいけない仕組みが作られているといえるでしょう。
不動産投資にも大事な要件となってきていることがわかります。

中立な立場で診断していく

住宅の診断項目は実に多岐にわたります。
雨漏りしている場合には、一体どこに原因があるのか調べていきますし、部品の耐久度合いも調べ、どの程度劣化しているのかも判断するため、交換時期と理由がわかるでしょう。
時間的にも短時間でおこなわれるものであり、そこまでの負担はかかりません
数時間程度でおこなわれる検査であり、建物の状況として劣化の有無を判定していきます。
ただし、瑕疵の有無を見つける検査ではありません。
つまり、瑕疵があるかどうかを判断して補償したりもしないということです。
これが大きなポイントです。

たしかに中立な立場で判断していくことになりますし、おおよそどれぐらいの費用が掛かるのか、箇所もある程度は判断することはできます。
ですが、それ以上の判断をするのであれば、もっと高機能な検査をしなければいけません。
数時間で判別する検査であることを考えなければいけませんし、部材を破壊して検査したりすることもない検査です。

目視での検査を超えていかない

不動産投資にどこまで有効なのかといえば、目視診断と簡易検査のみであることが重要です。
複雑な診断をするわけではなく、簡易的な判断をおこないます。
目視で診断するだけではなく、一部機材も持ち込みますが、その結果によって複雑な計算から耐震診断をするような流れを持ちません。
一部壊したりしながら状態を精査するようなことがありません。
強度を確認するために、破壊検査をすることがないのは、内部を正確に判断できないことも出てきます。
当然、費用として大きな違いがあり、ホームインスペクションとは格段に費用が必要になるでしょう

不動産投資としても、目視で検査するという流れのものであり、劣化の状態を判定するにとどまることを理解しておかなければいけません。
収益物件を見つけるときには、ホームインスペクションに頼るだけではなく、本当の建物の状態とはまた別の意味を持つことを考えることが大切です。
説明に使われる場合にも、ホームインスペクションにこだわってしまうと失敗することも出てきます。
大きな失敗につながらないように、確認事項は自分たちの手でしっかりとおこなわなければいけません。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。