不動産会社の選び方

どんな不動産会社を見つけていくか

不動産投資にとって、物件を探し売買の仲介をしてくれる不動産会社は重要な位置にあります。
どんな不動産会社を選べばいいのか、これが成功の分かれ道になるといっても過言ではありません。
しかし、世の中には山のように不動産会社があり、どこに話をするべきか困ることも出てくるでしょう。
結論は、すべての不動産会社に話を聞き、当たってみることになりますが、どのように探していくのか、違いはどこにあるのかを抑えておくのが重要です。

インターネットの活用から

探し方として、時間にとらわれないのがインターネットを使った方法です。
不動産会社もインターネット上にホームページを持ち、さまざまな情報を発信しています。
大手がポータルサイトを作り発信しているのも珍しくありません。
どのエリアをターゲットにしているのかはっきりとしているのであれば、それで検索してみるといいでしょう。
ポータルサイトの問題は、その会社がそのエリアで活動しているとは限らない点です。
大手が仲介してまとめて発信しているだけで、ほかの会社が仲介しているのが基本となってきます。
メールを送ったとしても、仲介業者が返事をするまで時間がかかるということも出てくるでしょう。
ただし、情報源としては検索しやすく、時間の余裕を見て資料も取り寄せていけば、幅広い情報が集まります。
特に重要なのは、どの不動産会社が扱っているのか、その情報を分析できるところです。

ポータル的な部分に近いのが、不動産投資専用の不動産会社です。
ややこしい文字の並びですが、特化していると考えればわかりやすくなります。
老舗の不動産会社というより、新規参入のところが多く、凝ったホームページも多くみられますが、デザイン性が高いだけで不動産会社に変わりはありません。
専門というだけあって、さまざまな情報が出てきますので、どんどん情報収集に使ってみるべきです。

情報の宝庫となる地元の不動産会社

大事な情報源になってくるのが、地元の不動産会社です。
大手も強みがありますが、地元の不動産会社は情報の宝庫であり、結果として取引する相手になりやすい特徴を持ちます。
ポータルサイトなどで見つけても、地元の不動産会社につながっているのがわかれば、コンタクトを取る相手になるでしょう。

実際に訪れてみて、話しを聞いてみるのは重要な意味を持ちます。
不動産を探しているという話をするだけで、ある程度の対応もしてくれるはずです。
付き合いが長くなれば、市場に出てこないような情報や物件を紹介してもらえる可能性さえ高まります。
こうした関係性は、不動産投資にとって大きな意味を持つのは間違いありません。
どのような物件があり、治安の問題や嗜好性なども知るチャンスです。
地元の情報を知らないで始めるのは、大変リスクがあるため、うまく活用していくべき相手となるでしょう。

不動産投資にとって、情報は命ともいえるものです。
どのような取引相手を見つけるのか、そこに鍵があるともいえるのですから、チャンスは大きく広げられるようにしていくのが成功への近道になります。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。