物件をよみがえらせるリノベーションとは

おしゃれな言い方じゃない!

不動産投資には、さまざまな物件のメンテナンスが必要になります。
その中でも、リノベーションとリフォームは大きなカギになるでしょう。
中古の物件を修繕するという意味では同じです。
ですが、リーフォームのおしゃれな言い方がリノベーションではありませんし、規模の違いを表しているわけでもありません。
不動産投資としても、基本的な考え方が異なる点に注目が必要です。

実は明確な定義はない?

リノベーションには、明確な定義はありません。
さまざまな使い方がされていますが、一般社団法人リノベーション協会が定めたところであれば、昨日や価値の再生のために回収することとしています。
包括的な回収という意味で、個別ではなく全体的にということも見えてきました。
リフォームは、原状回復や不具合個所などスポット的な対処という点で区別されているようです。

もう少し考え方を進めてみると、リフォームは元に戻すという点があります。
壊れたものをなおしたり、貼りなおしたりするようなものです。
新しくしていきますが、原状回復というのがベースにあります。

リノベーションの場合には、作り変えるという大きな目的がポイントです。
どんな機能が必要なのか、新たな価値を創造していくため、まったく別のものに生まれ変わります。

実際のリフォームとリノベーションの違い

不動産投資に中古物件を手に入れてスタートするとして、そのままではとても貸し出せないとします。
リフォームすると、これまでと同じように新しい部材を使い、機能を取り戻してあげられるでしょう。
リノベーションをするとなれば、壁なども解体しながら、これから先に要求されるような機能をプラスします。
配線や配管なども買えて、機能向上を目指していくため、全く違う物件を作り出せるのがポイントです。

実際にライフスタイルは、時代とともに変化していきます。
同じと思っていたことが、まったく別の状態になるのも珍しくありません。
家族構成に関しても、現代では少子化が進んでいるのも重要です。
不動産投資としてみても、ターゲットが変化してくるのであれば、合わせていかなければ利益は上がらなくなるでしょう。

かなり古い物件でも、リノベーションによって、現代のニーズにマッチさせられる可能性が出てきます。
リフォーム程度では対応できないと思った物件を見つけたときには、一度リノベーションを検討してみるといいでしょう。
費用を検討してみた結果、高い利益が待っているかもしれせん。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。