猫や犬などペット可物件の可能性

大きな刺激になるペット飼育可能な条件

不動産投資として、ペット飼育可能物件は、大きな注目を集めるようになりました。
ペットブームというものが大きな背景にありますが、実際に供給は需要に追いついていないのが現状です。
このブームをうまく活用して、不動産投資にいかしている物件はいくつも出てきています。
ただし、無条件にできる内容ではありません。
需要は増えるからと言って、すぐにでも転用していくのは、大きなリスクを抱えるからです。

メリットとデメリット

猫や犬などのペット飼育可能物件にすると、入居率の上昇が見込めます。
重要と供給のバランスを考えれば、当然の結論です。
一般的に賃料もあげられるのもメリットになるでしょう。
借りる側としても、当然想定している範囲です。
これは敷金といった部分にも影響するのは、クリーニングやリフォームといった費用が増えるためです。
これはリスクマネジメントのひとつともいえます。

ペットがいるため、すぐに転居できないというのも、不動産投資にとって大きなメリットです。
つまり、入居期間が長くなりやすいのは、需要と供給のバランスにも影響しています。
なかなか次の物件を見つけるのも簡単ではないため、空室になりにくい条件がそろうため、転用してみるのもいいでしょう。
ただし、なんでもメリットがあるというわけではなく、当然のデメリットが生まれてきます。

デメリットとして、原状回復するためにはかなりの費用が必要です。
猫や犬は、マーキングされてしまえば臭いが抜けません。
猫のほうが強いといわれていますが、大掛かりなリフォームが必要になるでしょう。
動物の声もトラブルになるかもしれません。
嫌いな人にとっては、騒音にしかならないためです。
近隣住居の距離が近い場合、大きなトラブルになるの可能性が出てきます。
これは猫より犬のほうが可能性が高いでしょう。
当然、入居者同士でのトラブルもあります。
猫アレルギーといったことで大挙してしまう例もありますし、ペットが知らないうちに迷惑をかけているといった状態も考えられます。
そのため、途中からペット飼育可能物件に転用するのは、かなりのリスクを覚悟しなければいけません。

対策が重要

ペット飼育可能物件は、さまざまなルールを設定するのが基本です。
ただ飼っていいというだけでは、抱えるリスクが大きいためです。

いくつかの条件を取りまとめておく必要がありますが、基本となるのは頭数や種類、大きさなどをはっきりとしてもらうところにあるでしょう。
これを制限してしまうのも方法です。
申請に合わせて内容を検討できるというメリットが生まれてきますし、制限なく飼われてしまうという状況の抑制にもつながります。
猫はダメ、猫だけOKといった枠組みにするときにも有効です。
ルールとして、共有スペースは歩かせないといったことも効果的です。
臭いという部分での対策になるため、大型犬などは不可として、抱き上げて移動するといった明確なルール作りにも、情報の提供が欠かせません。

原状回復の取り決めも必要です。
どこまでするのか、はっきりとしておかなければあとでもめる原因を作ります。
床材は、基本的に交換となると予測しておくのも大切です。
基本的に傷がつきますし、臭いもあります。
避けられない部分もありますし、ペットを飼育しやすい環境にしてあげるというのも、入居率を高められるポイントになるでしょう。

柱回りなどは、どうしても傷がつきます。
特に猫の場合、爪とぎという習性が問題です。
必ず起きることですが、どうしても傷がつきやすいため、クロスの下に防護シートを入れるなどの工夫がポイントになります。
雄猫の去勢といった約束も必要になるかもしれません。
条件として提示することで、少しでも臭い対策になる可能性があるためです。

入居率が落ち込み、対策が急がれる不動産投資物件などでは、大きな刺激材料になる可能性がペット飼育可能にはあります。
どんな場合にも効果的というわけではありませんが、対策が見当たらないときには検討してみる価値はあるでしょう。
駅から遠かったりして条件の悪い物件でも、改善できる可能性も出てきます。
もちろん、新築物件を建てる際にも、はじめから対策を盛り込んでおくというのも方法です。
この方法のほうが、効率的な運用もできるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。