トイレを交換するかどうかの目安

どこを線引きとして新しくするのか

住宅の中を見たときに、使用頻度の高さがとびぬけているのがトイレです。
一日の間に何度も使う場合があり、使わない日はありません。
水の使用量としてもお風呂場とともに高い場所であり、節水効果も大事な要素となってきます。
不動産投資においても重要な設備となってきますが、なにかあったときに新しくするべきか、修理で済ますべきかが重要にもなる場所です。

本体のひび割れは交換で

絶対に交換が必要になるのが、ひび割れです。
一部補修する方法もありますが、一時しのぎにしかなりません。
トイレの大半は陶器でできています。
陶器の寿命は長く、100年でも使える可能性がありますが、これはあくまでも割れたりしなかったというのが条件です。
どこかにひびが入ってしまったときには、交換が最良の選択になるでしょう。
実際に補修する方法としては、エポキシパテなどを使う方法もあります。
強度も出せますが、本来陶器とは違う素材で補修するため、長く耐えられるわけではありません。
水漏れしはじめると手が付けられなくなるうえ、入居者からのクレームにもつながるため、交換するほうが良いでしょう。

配管部分からの水漏れは、症状によって違いがあります。
陶器でできた本体に取り付けられる配管ですが、パッキンを水漏れしないようにするのが特徴です。
どうしてもすき間が生まれるためですが、このパッキンを交換して済むのであれば、新しくするほどではないでしょう。
ただし、本体を取り外してまで交換しなければいけないなら、リフォームを同時に進めてしまうのも方法です。
排水管からの水漏れが相当しますが、パッキンを交換するのに便器を外します。
時間も労力も必要になるため、床材や壁材の交換を同時にすると工賃を抑えられるでしょう。

タンクの中は自分でできる

自分で交換できる範囲としては、フロートバルブがあります。
難しい名称だったりもしますが、単純にタンクの下部にある水を排出するための栓です。
これが劣化してしまうと、便器の中に水漏れを起こします。
交換は簡単で、新品を購入してきて新しく入れ替えるだけです。
不動産投資の物件でクレームが出ても、自分で購入して交換すればほんのわずかな出費で済むでしょう。

ちょっと似ているのが、フロートバルブの問題です。
水がうまく調節できないときに注意しなければいけない場所です。
水がたまりすぎてオーバーフロー管から流れていたりするのであれば、うまく止まっていない状態が引き起こしています。
注意点は2つで、浮き球の位置が狂っており、バルブが締まらないのなら調節したら直ります。
位置があっているのであれば、バルブ自体が締まらない状態かもしれません。
こうなると新しく交換しなければいけませんが、そこまで簡単とは言えません。
知識があり、止水栓を閉めてパッキンの交換までできるという人はやってみてもいいでしょう。
そうではないというのであれば、業者に依頼しておくべきです。

不動産投資でも、トイレは大事な設備です。
クレームに発展しやすい部分でもあり、確実に使えるようにしたい場所となるため、早めに対処できるように依頼できる業者も見つけておくといいでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。