トイレ交換

トイレの交換も必要になるときは?

トイレは要チェック

不動産投資の対象物件を見つけるときに、水回りは大事なポイントになってきます。
水回りの中でも、生活の中で必ず使っていくのがトイレです。
どんな人でもトイレを使わない日はありませんが、不動産投資を見つけたときに、本当に問題がないのか確認しにくい部分です。
水洗トイレとして、あとから大きな問題につながらないようにしなければいけませんが、特に大きな問題になるのが交換しなければいけない状況です。
トイレの交換ともなれば、とても大きな出費が伴います。
そのチェックポイントを見ておかないと、あとから後悔する場合も少なくありません。

破損したらなおらない

トイレを交換しなければいけない状況とは、破損があげられます。
ひびが入ってしまったときなどは、そのまま修理できません。
なぜかといえば、トイレは陶器で作られたものであり、一度でもひびが入れば元に戻る状況はありえません。
どこか確認したときにひびが入っていれば、事前に交換が必要になります。
理由は簡単で、トイレには大量の水を使うからであり、水漏れすれば大きな被害を生み出すためです。
そういった状況になる前に、手を打たなければあとで大参事を招くのはだれでもわかるでしょう。

チェックする場所はいろいろとありますが、便器本体だけではなく、タンクなども見なければいけません。
細かく見ていき、本当に問題がないのかチェックしておくべきです。

リフォームしなければいけない場合も

チェックしなければいけないポイントは、これだけではありません。
不動産投資の物件として大事なのは、どこまで長く使えるかになります。
その注意点として、トイレの排水管の取り付け部分が重要です。
床から水漏れを起こしているような状態になりますが、判別は容易ではありません。
床下に排水しているのであれば、便器との取り合い部分を見て濡れていたり、シミがあったりする状態は問題です。
黒ずみなどが出来あがり、カビが出ているときも、漏れている可能性を疑うべきです。
床から臭いが出ていたり、傷んでいる状況を見つけたりしたら、確認してみるといいでしょう。
パッキンが劣化している状況が考えられますが、単純なことではありません。
交換するためには、便器本体を取り外す必要も出てきます。
かなり大きな工事をする状況になるため、不動産投資の物件としても大きな出費を強いられるポイントです。
仮に貸せたとしても、あとから修繕に追われるかもしれません。
リフォームを考えた方が良い場合もあるため、排水管の水漏れは見逃さないのが不動産投資の物件として大切です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。