トイレタンク

トイレのタンクで起きる水のトラブル

トイレで困る故障のポイント

トイレは水回りの設備の中でも頻繁に使う場所で、それだけ損耗も激しくなります。
不動産投資の物件としても、注意してみていかなければいけません。
水回りの設備として、水漏れが起きれば一大事になるのがトイレです。
戸建て物件であれば、床材などにも被害が広がっていきますし、マンションなどの集合住宅の一室であれば水漏れ事故につながります。
損害額を考えれば大事故になってしまうため、事前に修理して貸すなど初めから問題がない状態を作る必要が出てくるでしょう。
修理しないで放置しておくと、どうしても責任の所在がはっきりしなくなるためです。

タンクの下部の弁に注意

トイレのトラブルでよく起きるのは、タンクの中の問題です。
タンクの中には、いくつもの部品が使われていますが、消耗品として見ておかなければいけないのがタンクの底にある弁で、ちょろちょろとした水漏れにつながります。
水が便器の中に流れ出していきますが、タンクには水道管がつなげられているため、いつまでたっても止まりません。
流れた分だけ補給されてしまうので、永遠と繰り返していく状態です。
これが続けば、水道代も永遠とかかるため、大きな問題につながります。
不動産投資でも、大家さん直してくださいといわれる状況になるでしょう。
それでも、入居者の水道代をカバーしてあげられるわけではないため、早期に交換しておけばもめ事に発展する状況にもならず、満足度も下げません。
交換は簡単で、取り外して交換するだけです。

フロートバルブの故障

もうひとつのポイントが、浮き球からフロートバルブと呼ばれる水道管に取り付けられている部品です。
不動産投資の物件としてみると、内見のときには水道が止まっているため、わからない場合も出てきます。
トイレタンクの中の水の水位をコントロールするための部品で、水が止まっていると問題があるかどうかが判別つきません。
水位が減ると、浮き球が下がってフロートバルブが開き水道から水を供給する仕組みです。
水位が上がればフロートバルブを閉めますが、浮き球の位置が狂っていれば当然止まりません。

フロートバルブ自体が故障しているときは要注意です。
タンクの中には、水があふれないようにドレーンホースが取り付けられていますが、ここに水位の上限ラインが引かれている場合があります。
この線を超えているようであれば、浮き球の設定とフロートバルブの問題を疑わなければいけません。
フロートバルブに問題がある場合には、交換しなければいけませんが道具も部品も必要です。
手に入る部品ではありますが、交換は手間がかかるため、不動産投資物件として専門業者に依頼したほうが確実になってきます。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。