タンクレストイレのメリットデメリット

メリットの広いタンクレストイレ

住居スペースは、できるだけ広く、家賃は安いほうが空室率は下がります。
立地条件などもありますが、広くて問題がある人はそうはいません。
限られた物件のスペースの中で、できるだけ広く使えるような工夫が不動産投資には必要ですが、トイレもそのひとつというのを忘れてはいけないでしょう。
毎日使う空間だからこそ、できるだけ広く快適であるのがポイントになるため、タンクレストイレにすると言う選択肢が出てきます。

大きなスペースが作れる

タンクレストイレとは、従来ついていた水を溜めるためのタンクがないタイプを指します。
タンクがないのですから、その分スペースが広くなるのが特徴です。
広くなった分だけ、バリアフリー化などで使われているケースも多くなりました。
わずかなものでしかないのではないかと思われがちですが、実際に便器の半分程度の幅をタンクが取っています。
その分を下げられるのを考えれば、かなりの省スペースになるのがわかるでしょう。

スペースができた分だけ棚を作るという方法もあります。
間口を広く取って、車椅子なども入れるようにするというのもひとつの方法です。
音も小さくできるため、女性向きの物件にも向いていますし、節水効果もあるためファミリー層でも効果をあげられます。
スペース以外にもメリットを打ち出せるのは、空室率低減に効果を発揮できる条件です。

不動産投資にも非常に多くのメリットがありますが、当然デメリットも出てきます。
どこでも取り付けられるとは限りませんし、別の問題も生まれてくるからです。

取り付けられない条件

不動産投資の物件でタンクレストイレにする場合には、さまざまな条件から可能かどうかの判断をしなければいけません。
そのひとつが排水です。
配水芯とも呼ばれていますが、どこにあるのかによって、本体が対応できるかどうかが変わってきます。
これは容易に変更できる部分ではなく、対応範囲にあっているかどうかで判断しなければいけません。
戸建ての場合には床排水が基本で、マンションでは壁排水が中心として設計されてきました。
この状態も合わせて検討しなければ、取り付けられない場合が出てきます。

タンクレストイレは、タンクに水を溜めないところが特徴です。
ここで重要になるのが、どうやって排水しているかでしょう。
タンクを使わない代わりに、水道管の圧力を使い、電気で制御しています。
つまり、電源がなければ使えません。
トイレに電源がない物件の場合、新たに設置する必要が出てきます。
この工事費も最初に見込んでおかなければいけないでしょう。
故障したときにも電気に関する知識が必要で、専門の業者に依頼するしか直せない場合がほとんどです。

電気で制御しますが、水道の圧力を使って流すため、そもそも取り付けられない条件の物件があります。
圧力が低い場合には、取り付けができないというのが条件です。
一般の戸建ての場合、水道管の圧力は十分足るような設計が取られます。
集合住宅でも適用されますが、もっと低い可能性も出てくるため、必ずチェックしなければいけません。
単純に測る方法としては、1分間にどの程度の水量が溜まるのか計測する方法があります。
メーカーの取説などにも出ているため、事前に調べておくといいでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。