ゼネコン

ゼネコンとはいったいなに?

ゼネコンとは?

不動産投資でもよく出てくるのがゼネコンです。
適当に使われる場合もありますが、本来は総合建設業を指します。
General Contractorの略であり、土木も建築も請け負ってできる業者のことです。
なんでもできるという意味で、ワンストップで依頼できますが、実際にはすべてできるというわけではありません。
そこまで明確な定義がないため、大きな建設会社という意味でも使われてきました。
研究開発ができるといった意味で使われる場合もありますが、これも本来の意味からは外れます。
総合建設業という意味では、研究などは各メーカーに任せて、その情報を使って建設していけばいいからです。
もちろん、そのための協力体制は必要ですが、これはゼネコンの定義とは全く別の意味を持ちます。

土木と建築のちがいはどこに

大事な部分として、ゼネコンの土木建築業の解釈があります。
土木とは、道路や橋、鉄道といったものを作る工事です。
都市計画にはとても大切ですが、不動産投資の範囲で考えれば、建物を建てるために造成工事をします。
土地を慣らして建築できるようにしていきますが、これは土木工事です。
地盤改良をして建てられるようにするのも含まれます。
建築するためには、土木工事なくしては始まりません。

建築とは、土木以外の範囲と考えればわかりやすいでしょう。
不動産投資に使う建物を建てるのも建築です。
この二つの線引きが重要で、まったく別の工事内容を持っています。

スーパーゼネコンとは

マンションなどを不動産投資で建てる場合、一般的な建設会社では追いつかないレベルになるのもよくある話です。
そこで、スーパーゼネコンに依頼して建築するといったケースも珍しくありません。
ゼネコンは、小さなところから大きなところまでありますが、トップ5社をスーパーゼネコンと呼びます。
現在のところ、大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店の5つです。
規模によってできることできないこともありますが、スーパーゼネコンでなければならないというわけでもありません。
巨大公共工事のように1社ではできず、複数のゼネコンが組むJV(ジョイントベンチャー)などもあるからです。
不動産投資としては、かなり巨大な物件になりますが、こうした企業に依頼できるようになれば、間違いなく成功しているといえるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。