シックハウス症候群とは

家に帰ると調子が悪い

家に帰ると、調子が悪くなる。
外にいると、なにも問題がない。
こんな状態になる可能性のひとつとして、シックハウス症候群が考えられます。
不動産投資としても、大きな影響を与えてしまう状態です。
長く住んでもらってこそ、利回りの回収につながる以上、この状態は避けなければいけません。
いろいろな条件が重なってくるため、注意しておいて間違いはないでしょう。

シックハウス症候群は総称

シックハウス症候群は、さまざまな健康障害の総称です。
基本的にひとつのことを指しているわけではなく、さまざまな状態が影響してきます。
そのひとつが化学物質過敏症です。
混同されることがありますが、シックハウス症候群のひとつであって、総称ではないことに注意しましょう。

ここで注意しなければいけないのは、空気の中にある汚染源です。
目に見えてわかるわけではなく、空気中にさまざまな汚染物質が浮遊しています。
この物質によって症状が出てくるため、家に帰ってくると調子が悪くなったりするのです。

原因物質が考えられますが、塗料や接着剤が影響していることは知られてきました。
不動産投資でも、こうした原因を抱えた部屋だったりすれば、入居者に対して大きな問題を抱えてしまうでしょう。
安定した収入につながらなくなりますし、なによりも健康不安を抱えてしまったことに対する問題も出るかもしれません。

オーナーとして知らないでは済まされない

大きな注目を集めるようになったのが、ホルムアルデヒドです。
塗料に含まれていることで知られましたが、ほかにも接着剤にも入っていました。
現在は、こうした物質が人に影響を与えることがわかり、揮発性有機化合物の濃度を指針として表示しています。
ホルムアルデヒドと同様に、クロルピリホスなども濃度を示すため、物件のオーナーとしてどんなものかを理解しておく必要があるでしょう。

特に問題として表面化しやすいのは、現在のような冬場やクーラーを使う夏です。
窓を閉め切り、換気が不十分になる中で揮発すると、どうしても影響が出てきます。
換気ができるような時期はまだしも、こもってしまう状況は危険です。
実際に化学物質だけではなく、カビや微生物の汚染も、シックハウス症候群につながる場合があります。
除去しなければなりませんが、これらの対策に使われるものが、被害を拡大させるかもしれません。
知識がないということが、大きなマイナスを生む可能性もあるのですから、不動産投資のオーナーが覚えなければいけないことは経営だけではないといえるでしょう。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。