コンドミニアムを使った投資の方法

コンドミニアムとは

国内の消費税率がアップされる中、海外の物件を使った不動産投資も注目されるようになりました。
そこで出てくるのがコンドミニアムです。
コンドミニアムとは、分譲マンションを意味しています。
賃貸ではありません。
日本では、キッチンや洗濯機など、いろいろな設備が取り付けられて生活ができる宿泊施設を指すことが多くありますが、少々事情が異なります。

海外への不動産投資

コンドミニアムの利用のひとつとして海外の物件を使った不動産投資の場合、その国の事情が重要です。
たとえば、国民の所得が上昇してきており、物価も上昇しているのであれば、家賃収入もかなりの線を狙えるようになるでしょう。
日本では巨大企業ぐらいしかキャピタルゲインで利益をあげられなくなりましたが、人口増加とともに経済成長が続く国なら、住宅価格も上昇するためキャピタルゲインも注目です。
もちろん、不動産取引に関する法律や税金の問題で向かない場合もありますが、日本とは少し違った状態なのは当然です。

海外の物件に投資する意味として、通貨の分散があります。
もしも、円に問題が起きたときに、ほかの国の通貨だったことがリスクの分散につながる場合が出てくるのがポイントです。
海外の物件を取得した場合も減価償却の対象となります。
ただし、融資はうけにくく、情報収集も簡単ではありません。
円に問題が起きる逆もあります。
為替リスクと呼ばれますが、外貨建てになるため、当然発生する問題です。
日本ではないため、その国の情勢が変わるというのも考えなければいけません。
いきなり戦争が起きて、物件自体が消失するというのは、なにも極端な例とは言えない話です。
法律や税制が突然変わり、影響を受けるのはなにも珍しいことではなく、没収されたといった例もあります。
カントリーリスクといわれますが、治安の良い国の物件を選ばないと、不動産投資として大きなリスクを抱えるでしょう。

日本でのコンドミニアムと民泊の違い

日本の物件をコンドミニアムとするというのも、不動産投資の方法のひとつです。
これは、民泊の考え方と同じで、家主不在型民泊で呼び名に違いがある程度しかありません。
マンションの一室を設備ごと借りたり、一軒家丸ごと宿泊施設にしていたりするため、現在では民泊という枠組みです。
それでも、不動産投資のひとつの方法でもあり、活用の仕方によっては、大きく羽ばたく要素はもっています。
ただし、法整備が進む中ら、いろいろな規制もかかってきました。
条件によっては大きな損失になる場合も出てきますし、大手住宅会社が参入も始めて競争も激しくなっています。
これまで以上に注意が必要です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。