コンクリートを見るポイント

質を判別する重要性

コンクリートは、どんな状態でも強度が出ているわけではありません。
建物としてどこを見るのかが、不動産投資としても重要になってきます。
質の悪いコンクリートの建物を手にしてからでは、補修に多大なる費用を投資しなければいけないかもしれないからです。

コールドジョイント

見極めるポイントとしては、コールドジョイントと呼ばれる部分があります。
コンクリートは、その性質上、いっぺんに大量の打設ができません。
先に打設した部分が発熱し、新しく打った部分に影響を与えてしまうためです。
そこで、一定間隔で打ち継いでいきます。
このつなぎ目の問題がコールドジョイントです。

コンクリートを打った表面には、ブリージングと呼ばれる水が浮き出してきます。
この水の中にはコンクリートに含まれる成分が残っており、蒸発したときに異物となって表面に浮き上がります。
このようなごみのような成分が残ったまま、次のコンクリートを打つと、縁が切れてしまうでしょう。
一体化できない原因となり、コールドジョイントは打継部分として目に見えるほどはっきりしている場合があります。
一体化していないため、躯体強度としても問題がありますし、水漏れしたりするかもしれません。
表面だけ補修したとしても、打継部分すべてで起きているため、施工上の大きな問題を抱えている状態です。
不動産投資で使う物件の基礎部分でもコールドジョイントを見つけたときには、ほかの部分でも起きている可能性を考えたほうが良いでしょう。

鉄筋と錆

コンクリートは、そのままでは建物として曲げられたりする強度が足りません。
さまざまな力がかかるため、熱膨張の係数が非常に近い鉄筋を入れて補強しています。
これが鉄筋コンクリートですが、鉄は錆びるというところが大きな違いです。

鉄筋をコンクリートがしっかりと守っていれば、内部で錆びたりはしません。
ところが、何らかの問題があり、内部に水が浸みこみはじめ鉄筋と触れると、さびて膨張をはじめます。
酸素と結びつくと、その分の体積膨張を起こし、内部から押し出していくと、やがて耐えられなくなり割れて爆裂します。
非常に大きな問題で、内部の鉄筋も強度を失いますし、コンクリートも力を保持できない状態です。
この状態になると、どんどんと錆が広がっていきます。
内部で被害は広がり続けるため、補修しなければいけません。

原因は施工不良もありますが、時間がたってから現れたのであれば、地震などの力によってどこかにひび割れが生じ水がまわっている可能性もあります。
原因を追究していかなければ、不動産投資で活用する長期間に耐えられる物件にならない可能性を考えておくべきでしょう。
補修も簡単ではなく、いったん錆の部分を取り除き、防錆処置をして補修用の無収縮モルタルなど高強度の材料で打ちなおす方法などがあります。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。