コロナウイルス後の物件予測

テレワークの推奨

コロナウイルスの影響もあり、不動産投資で使われる物件にも違いが生まれるようになりました。
テレワークが推奨されるようになり、物件の必要基準がこれまでとは全く別の者へと変化してきたからです。
今後、不動産投資のみならず、生活様式にも大きな影響を及ぼす条件となってきました。

音の問題

コロナウイルスで大きく変化したポイントとして、物件の中にテレワークできるだけのスペースや設備があるかどうかが重要です。
テレワークは、インターネット回線を使い通信して利用します。
在宅で仕事をするためであり、一般的な住宅でもテレワークに即した設備が要求されるようになるでしょう。

家で仕事をする環境が重要となりますが、どこでもいいわけではありません。
インターネットを使って映像を送り管理者と対話したりするからです。
このことからも、ある程度場所は確保が必要になります。
単身用でも小さな部屋でも構いませんが、インターネット環境とともに音も遮断できるようなスペースがあるほうが利用価値が上がります。

特に話をしながら仕事をしなければいけない場合、ファミリー物件では、音の問題はさらに大きくなります。
完全に遮音できるスペースでなくても、ある程度防音できるような環境があるとアピールの度合いが変わるでしょう。
音の問題は、テレワークを通じ多くの人が悩んでいるポイントだからです。
このポイントを解消しアピールすることが、今後落ち込んでいく状況が予想される不動産投資には差別化できるポイントになるでしょう。

ビジネス向け物件の変化

ビジネス向けの物件を不動産投資に使う場合でも、テレワークは意識しなければいけなくなりました。
インターネット回線の充実はもちろんですが、大きなスペースが必要なくなってきています。
巨大なオフィスを持っても、テレワークをすると使い道がなくなるのです。
つまり、これから先、テレワークを主体にしていくような企業は、大きなオフィスを持て余すようになり、小型の集中できるところを探し始めています。
実際に転居し始めたところも出始めました。
オフィス向けの不動産投資としても、小型の物件が注目されるようになるでしょう。
小さな物件でも、テレワークを使えば十分に対応できるからです。
フリースペースのような自由の空間を作る方が、インターネットを利用する企業とすればメリットが生まれます。

家賃の未払いなどが発生し、物件があまり出すことも考えられます。
これは個人向け法人向け問わず起こる可能性のある状況で、現在の物件を退去しもっと安価な物件を探すといった思考も現れてくるでしょう。
その時に対応できるかどうかが、不動産投資の分かれ道となってきます。
勝ち組に残れるかどうか瀬戸際で判断が求められるのです。

テレワーク大全 (日本語)

Anker PowerConf, スピーカーフォン 会議用 マイク

Webカメラ ウェブカメラ 1080P 30fps

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。