ダイエットのためキックボクシングに通う

こんにちは、ジム通い後のコージーです (キラーン)。

おデブ夫に「調子に乗ってる」と言われました。負け犬はよく吠える。

キックボクシングは、総合格闘家だった女友達にすすめられ、始めた。もう1年半になる (不動産投資歴と一緒やぁ)

「サンドバッグを殴る、蹴る!!  その時の衝撃・震動が筋肉の刺激になるんだよ!!」だそうな。

当時の私は育休後の職場復帰からようやく1年を迎えるところ。「通勤が始まれば、自然と体重も減るだろう」と思っていた、ふむふむ。

むしろ太ってしまった。スキニージーンズのウエストをはみだしたお肉が覆う。まるでスライムのようにタラリと。とりあえず昨年5月時点の体重言っちゃおっか、67.5㎏ (身長162cm)。

思い返せば、1人目出産後は何もしなくても、74kg (出産直前) から58kgまでスルリと落ちた。その後、V字回復したわけなのだが「すぐ22目生むから、いっか」と余裕かましていた。

しかーし!!  2人目出産後は体重が減らなーい!!  なぜなぜ?? これ、あるある??  (出産直前の体重は75.4kg、記録更新)

そして、キックボクシングジムのドアをたたいたのだった。

まずは体験レッスン。トレーナーの兄ちゃん (ジャニーズ系??) は結論から言うと、すんごぉーーく意地悪である。(丸の内ではないのだが) サディスティックである。

最初から慇懃無礼だった。私は元ソフトボーラーなので身のこなしに多少の自信はあったが、パンチやキックすると「いいですねー、すごいっすねー、敵を倒せますよ」とほめる。

ほめてる??   いや、今より女性らしくっていうか?  うん、痩せて、どちらかというと?か弱い感じになりたいんだけどさ………

しかし、このキックボクシング。短期集中型の私には向いている。

トレーニングルームは3分と1分のインターバルでピーと音がなるんだが、3分集中して体を動かすと、ハードなんですよ、これが。息が上がりすぎて、おばさんなのに子どものころのマラソン大会を思い出した (それが嫌で早くオトナになりたかったのに)。

ストレッチや準備体操の後、「縄跳び」>「もも上げ」>「サンドバッグの蹴り」>「ダンベル持ってのシャドー&5kgのボールを持ってのもも上げ30秒ずつ交互」。ここまで一人でできる。最近は2セットずつやっているよ。

ボクサーも3分対戦するわけだが、実はすごいハードでしょ??   私も縄跳び3分なんて、最初はできなかったけど、1ヶ月後には続けて跳べるようになった。

そして、トレーナー相手にキックやパンチなどなど (私は3~4セット)。そこで意地悪な兄ちゃんトレーナーが躍動する。苦しむ私をいたぶって生き生きとしている!!

3分の中でも、「キック・パンチ」と45秒ずつの交互で、例えば、体幹 (腕立てのような状態をキープ) をやったりする。それが、よりハードなバービージャンプや足の入れ換え (東山紀之がセサミンのCMでやっていたやつ)、ロシアンスクワットをどどすか組み込んでくる。

「おぉおそロシアー!!」「東山紀之はこうやっていたよ!! (やり方が違うと指摘された時)」「追い込まないで!!  もう二度と来なくなるから」「継続こそが最優先だよ!! (だから、追い込まないで)」

私もなりふり構わっていられない。もう、恥ずかしいとかない。だって、3分終了後、床に寝転がる様は、まるでトドだよ。

いつかはマーメイドになりたい。

ということで、せいぜい1時間弱のトレーニングで「今日もサバイブした」という達成感を得られるキックボクシング、おすすめです。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。