オートロックは必要か

セキュリティと不動産投資

不動産投資においても、セキュリティは大事な要素につながります。
玄関のオートロックもそのひとつです。
自動で開け閉めできるという意味を持つ言葉ですが、実際にはセキュリティロックのことで、一般の人が入れないようなロックをかけるという内容です。
都市部での犯罪の発生率も含めると、セキュリティは大事な要件になります。
安全で安心できる生活の確保は、住宅選びで大事な要素になるからです。
新築物件でもオートロックが大切という人も出てきますが、不動産投資としてどこまで検討するべきか、考えてみなければいけないでしょう。

オートロックの落とし穴

女性向け単身物件などで使われてきたオートロックは、高い人気を得られるようになりました。
既存の物件に後付けで取り付けるところも出てきています。
それほど注目されるセキュリティシステムになりましたが、かなり計画的に取り付けていかなければいけません。
システムとして導入した場合、数百万円かかるのは確かです。

建物の玄関となるエントランスにシステムを取り付け、カードキーなどで情報を読み取らせて開ける方法や、暗証番号の入力を要求するなど方法はいろいろあります。
2つ以上のセキュリティを組み合わせているところも増えました。
個人向けの物件だけではなく、企業用の事務所などでも使われているのは、それだけの安全性の確保ができるという試算があるためです。
外部の人間が訪れたときには、インターフォンを使って連絡を取り、開錠してもらうといったかたちが一般的になりました。

オートロックにすることで、確かに一定の安全性は確保できます。
ただし、相当信頼性の高いシステムを組まなければ、故障して開かなくなるといった状況も考慮しておかなければいけません。
その場合には、専門の業者しか対応ができないのもセキュリティのリスクです。
オートロックだったとしても、不審者が開いているタイミングに合わせて侵入すれば、非合法な方法で打ち破れてしまいます。
正規の方法で入っている人と一緒にほかの人が入る可能性は排除できません。
操作の間違いにより、不審者が入るといった可能性もゼロではないでしょう。
高価なシステムでも、使うのは一般の住人だからです。

オートロック以外の方法

都市部の物件として、不動産投資でもオートロックは有効ですが、諸刃の剣の部分を持つでしょう。
地方では、ここまでのオートロックの必要がないのも検討材料です。

セキュリティの方法は他にもあり、不動産投資として扱っている物件の状況や状態に合わせて使える方法があります。
そのひとつがスマートロックです。
これまでに使われていたような鍵を利用しない方法で、電子錠で開閉します。
カードを持つというのもひとつですが、スマホなどのアプリとの連動なども作られるようになりました。
SUICAとの連動も出てきています。
非常に幅が広がっており、かなり安価で利用できるものも出てきました。
これまでの鍵とは違うという面で、セキュリティを向上させるきっかけになるでしょう。

録画してあるというのも大きなメリットです。
監視カメラを取り付けて、出入りしている人がわかれば、かなり安全性は高まるでしょう。
パソコンとの連動も簡単です。
なによりも、録画している場所であるのをわかりやすくしてしまうのが効果をあげます。
犯罪を考えている場合、録画されたら困るのは明白です。
録画装置があるというのを表明しているなら、少なくとも犯罪を起こしにくくさせられます。
費用も抑えられるのがポイントです。

オートロックに代わるようなセキュリティはいろいろとあります。
これらを組み合わせて、さらに高いセキュリティに結び付けるという方法もあるでしょう。
特にインターネットとの組み合わせにより、その場にいなくてもカメラを確認したり、電源を入れたりするIoTの技術も重要です。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。