「施主支給」は通販で

「通販は『ほしい』がピンポイントで手に入る」

戸建て不動産投資のリフォームにおいて、通販による施主支給(リフォームに必要な部材を施主自ら購入・手配すること)を行っている私が実感していることです。

ついでにこれも。

「クレジットカードはいつ間にか増える」

不動産投資に限らず、普遍的な法則ですよね!!
まさにそんな事例を目の当たりにしたのです。

「通販が『ほしい』がピンポイントで手に入る」
長女の保育園では、けん玉が大ブーム。
保育園にあるけん玉は、ピンクやパープルのスケルトンでスタイリッシュ。
「もしもし亀よ亀さんよ」の歌に合わせ、トントンやっている。
“お皿に磁石”疑惑を持つほどの吸着力が感じられ、要するにお上手!!
歌は次女、けん玉は長女が担当するコラボは、さながら往年の「染之助・染太郎」を彷彿とさせる。
近所のショッピングモールでは、同じデザインがなかったが、クラスのお友だちは同じデザインを手に入れたのだという。
「どこで??」と私が聞くと「アマゾン」とお友だちは答えたのであった。
「買う場面を見せないとありがたみがない」という恩着せがましい発想で、オモチャは店舗販売での購入に徹してきたが、ほしいものが、しかも安く買える通販って、やっぱ最強だと思った。

「クレジットカードはいつの間にか増える」
夫の給与口座から謎のクレジットカードの引き落としがあった件。
ずっと「クレカ会社に問い合わせろ」と言ってきたが、いっこうにやらず、土曜の休日、目の前で実行させた。
テレアポの人に「実はどのクレジットカードを使ったのか分かりませんで…」とか言ってる。
こんな問い合わせをしている人間を私は見たことがない。
きっちり近所のショッピングモールで夫自らが支払いに使っていた「ローソンPONTAカード」だと判明。
「小遣いの範囲内でやりくりしろ」と、もう1年以上の攻防を続けている。
しかし夫は「俺の給与口座から引き落とすクレカを俺が使って何が悪い」と開き直った。
無自覚に金を使う末恐ろしい男である。

戸建て1号くんのリフォームの「施主支給」でも通販が大活躍!!

今回、施主支給した部材は以下の通り。
カーテンレール 見積もり価格1組2600円 → 通販980円 8本
レンジフード(キッチン用換気扇) 2万9000円→1万5759円
風呂シャワー付き水栓 1万2000円→1万1250円
キッチン用ワンレバー水栓 1万8800円→1万402円
カメラ付きドアホン 1万4700円→9981円

ざっと4万の節約になった!!
というかカーテンレール高くない!?!?

メリットは、
価格比較でき、より安く購入できる…リフォーム費の削減に効果的。
宅配業者が物件まで運んでくれる…遠隔の物件やマイカーないなどでも調達可能。
ポイントがたまる…Tポイントや楽天ポイントなど。
けっこう楽しい…けっこう重要なポイントだと思う。製品スペックなど勉強になる。

デメリットは、
リフォーム業者に断られる可能性がある…運搬のタイミングなどの調整がメンドウ??
「返品不可」の条件もあり、間違えて注文するリスク…品番や規格はよくよく確認を!!

私は見積もりで提示された製品と同じ品番を発注している。
たが、今回、壁出し水栓は規格が統一されているということで、無断で発注してしまった。
業者も連絡不自由だし。
とりあえず問題なかった。

「価格.com」「Yahoo!ショッピング」で価格比較できる。
Tポイントたまるし、明細の確認にも便利なのだ。

ペンキ塗装DIYにより、私もクレカまた1枚増えてしまった…

2018年末の壁紙ペンキ塗装の材料は、品揃えの良さと「会員5%OFF」期間が決め手となり、ホームセンター「ビバホーム」で購入した。
割引セールはビバホームクレカ限定ということで、セール最終日の閉店間際に急きょクレカを申し込んだ。

普段の買い物は、Yahoo!カードに集約しているのだが、またクレカを増やしてしまった。
もはや1用途(店舗)1クレカの時代なのかもしれない…。

プロフィール

プロフィール

こんにちは!コージーです。

1982年生まれ、群馬県出身。
安月給の転勤族。大阪→姫路→高松を10年近く転々とする流浪生活の末、現在は東京都在住。
家族は夫と娘2人(6歳と4歳)。

プロフィール画像は「スピッツと椎名林檎が好きで、ジム通いも頑張っている」の図。
不動産投資歴1年半で戸建て3軒を所有、しかし……!?!?
行動指針のキーワードは「人生一度きり」「いてまえ精神」「短期集中突破」。目指せ(小)金持ち。